ローンが残っている車を委託販売で売る時にはどうなるか

ローンが残っている車を委託販売で売る時にはどうなるか

車を保有している方々は、しばしばお金を借りています。そして車を売却したいと思っている時に限って、ローンが残っている事も非常に多いのですね。ですので車買取業者としては、そのローンを上手く処理するためのシステムを準備してくれている事が多々あります

 

委託販売を考えているもののローンがある

 

ところで車を売却する手段の1つに、委託販売がありますね。車買取業者に比べれば高く売れやすいので、それに興味をお持ちの方々も多いでしょう。
ところで委託販売を利用するにしても、やはり前述のローンが残っている事もあるでしょう。それがあるとなると、やはり不安ではないでしょうか。

 

ローン残債は上手く調整してくれる委託販売の業者

 

しかし実は委託販売のシステムでも、ローンを処理するためのシステムが完備されているのです。
例えばローンの残額が、現在20万だとしましょう。そして車が委託販売で30万円で売却できた時には、もちろんローンを全て返す事ができますね。差し引き10万円分が受け取れる事になります。
しかし実際には委託販売での売却金額が、20万円に達しない事もあるでしょう。例えば15万円などでの売却になった時は、まだ5万円足りない訳です。
そのような時には、委託販売の業者と提携している金融商品に乗り換えるケースが多いです。つまり15万円分はローンの残債に充当して、残り5万円分は提携先のローン商品を利用するパターンですね。
ところで上記のようなシステムは、いわゆる車買取店とほぼ同じです。買取専門店でも、大抵は上記のような差額調整をしてくれるからです。
ですので委託販売では、ローンが残っている車でも上手く処理する事ができる訳ですね。残債があるとなると不安だと思いますが、たいていの委託会社は相談に乗ってくれますので、問い合わせてみると良いでしょう。